お問い合わせ

COLUMN

2021.06.04.Fri

衛生管理者は必見!職場巡視チェックリストと事前準備を解説!

職場巡視とは

50名以上の事業所では、職場巡視を定期的に実施することが義務付けられています。職場巡視とは、従業員の作業や職場の環境を巡回して見ていくことで、職場における安全衛生上の問題点を見つけ改善していくことを目的としています。職場巡視の頻度も法律で決められており、企業の衛生管理者は週1回以上産業医は原則毎月1回以上(条件付きで2ヶ月に1回)の実施が義務付けられています。
職場巡視において見るべきポイントは、企業や業種ごとに異なるのはもちろん、同じ企業内でも、オフィス、各現場、食堂、休憩所、トイレ、喫煙所、通路、駐車場、など場所によっても変わってきます。

職場巡視に大事なのは事前準備

職場巡視の際に重要なのは事前準備です。1回の職場巡視において全ての職場環境を確認することは難しいため、毎月の職場巡視においてどこをどのような順番で巡視していくか、事前に計画を立てるとよいでしょう。また、事業所の特徴や職場環境に合わせて、毎月の職場巡視においてどのような点に気をつけて確認すべきか事前に把握しておくとよいでしょう。そのため、衛生管理者や職場の統括者は、産業医とともに、毎月の職場巡視計画(どのような順番で巡視するか)と、職場巡視チェックリスト(どこを重点的に確認するか)を事前に作成・準備することが大切です。

職場巡視チェックリストの作成

重点的に確認すべきポイントを押さえて効率よく職場巡視を行うために、以下のような点を意識して、職場巡視チェックリストを作成するとよいでしょう。衛生管理者や職場の統括者は、産業医とともに、これらを事前に話し合い、見るべきポイントをお互い共有しておきましょう。特に複数人で職場巡視をする場合には、全員が職場巡視チェックリストを共有することでその後の意見交換がしやすくなります。
●企業の基本情報(何を作っているのか、どういうサービスを提供しているのかなど)
●労働者の作業内容・作業工程はどうなっているか
●有害物の取扱いはないか
●特に注意すべき作業や職場環境 など

職場巡視チェックリストの内容は、IT企業、製造業、運送業、病院、学校など、企業の業種によって様々ですが、どの企業においても共通して見るべき基本部分(事務所・トイレ・休憩所など)を作成し、企業ごとに各現場で特徴的な部分(製造・作業現場など)を適宜加えていくとよいでしょう。

ただし、初回の職場巡視から全てを準備するのは難しいと思います。衛生管理者や職場の統括者は、産業医と協力して、職場巡視を毎月重ねていく中で、適切な職場巡視の工程や、事業所に合った職場巡視チェックリストを作り上げていきましょう。

すべての企業に共通の職場巡視チェックリストは、「事務所則」を参考に作成

職場巡視における「共通してみるべき部分」というのは、ほとんどすべての企業にある事務所つまりオフィス環境のこととなります。このオフィスにおける職場環境について、「事務所衛生基準規則(以下、事務所則)」というルールが定められています。「事務所則」は、基本的に有害物や危険物を取り扱わない作業場(主にオフィス)に適用される規則であり、事務所やトイレ、休憩所や喫煙所、救急用具などほとんどの企業で共通する事項が含まれています。そのため、職場巡視チェックリストを用意する際に、この「事務所則」を参考に考えていくとわかりやすいでしょう。
事務所衛生基準規則(事務所則)の詳細はこちらをご参照ください
https://anzeninfo.mhlw.go.jp/yougo/yougo70_1.html

Dr.健康経営では、職場巡視チェックリスト(事務所用)のテンプレートを提供しております。こちらを使用することで、初めての企業様でも、負担なく必要な内容を作成することができます。

※Dr.健康経営が提供するテンプレートはこちら!ぜひご活用ください。
・職場巡視チェックリスト(事務所用)

職場巡視で事前に用意しておくもの

職場巡視チェックリストを作成したら、職場巡視の実施に向けて、以下の3つを用意しておきましょう。その上で、当日の職場巡視では、これらを持参しましょう。

職場巡視チェックリストの印刷
衛生管理者や産業医など、職場巡視する全員が持参するとよいです。職場巡視しながら適宜記入ができるようにボードも用意するとよいでしょう。
デジタルカメラ
職場環境において、改善が必要な場所を撮影することで、後で全員と共有していくことができます。
●必要な測定機材(温度湿度計、照度計、騒音計など)、保護具(作業着や安全靴)
製造業や有害物質を取り扱う職場など、必要のある職場において、これらを使用します。

お役立ち資料

職場巡視チェックリスト(事務所用)【雛形】改定版[DL]

最新のコラム一覧に戻る